SAILING POEMS

If you are good enough, someone will notice.

Addiction to Basketball

今朝は部室の鍵を開ける係とやらで4時半起き。普通の中学生の起きる時間ではない。学校側もすごい。5時台に校門を開けてくださる誰かが毎朝いるとは。もしや住んでいるのか⁈

生徒の自由をかなえるために、早朝にまでコストをかけている。いや教育者はコストとかケチくさいことは言わないのかもしれない。あたたかい視線に緩やかに守られた自由。Kがありがたみに気づくのは大人になってからかもね。

今日は放課後の部活はないのに、帰宅後近所の公園へ直行して、暗くなるまで自主練。「よくがんばるねえ〜」と声をかけたら、「がんばるというよりね、なんていうのかな、アルコール中毒みたいなもの。やらずにはいられない。公園はね、暗くなった瞬間に小さい子たちが家に帰るから、日没直後からいっぱいシュートできるんだ」と。アルコールなんて知らないくせにね。