SAILING POEMS

If you are good enough, someone will notice.

電通報2011/8/1 エネルギーマネジメント

このところ、節電を意識しすぎて電気を有形物のように感じることがある。電通総研が6月に実施した調査でも、57%の人が「自分がエネルギーを使用しているという実感を強く持つようになった」と答えている。蓄電池、太陽光パネル、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)などへの関心も高い。

エネルギーの大切さを痛感し、エネルギー問題の長期化に気付くことで、ただ節約するのでなく、生活の中で知恵を絞って「エネルギー・マネジメント」を行う新潮流が生まれた。震災がなかったら10年はかかったであろう意識変化が、一気に起きている。

電気だけ、日本語だけ、仕事だけ、作らないで食べるだけ。一つの価値観に固執する生き方はリスクも高いし、通用しない。今後は、複数の選択肢からその都度最適なものを選んで組み合わせる知恵や技術が発展していくだろう。

前提となるのは、異なる考え方をいったん許容してみるというスタンスだ。こればかりは大人になってから急にできることではない。今の子どもたちが、将来「石油や食料が足りなくなってもビクともしない日本」を支えることができるよう、下地づくりに貢献したい。