SAILING POEMS

If you are good enough, someone will notice.

たったひとことで

たったひとこともらっただけで、前に進む力が出てくることがある。

冴えない成績で臨んだ高2の進路面談で担任から「おまえには勢いがあるから受かる、もっと上を狙え」。

受験のたびに父から「落ち着いて、自信を持って」。

学生時代の友人から「哀しみの感情がわかるから、私たちは友達なんだと思う」。

別の学生時代の友人から「子どもを悲しませることだけはしちゃだめだよ」。

憧れの松本隆さんから「バランスをとって生きることは大切だ。でも、バランスをとるための中心点は一つしかない。その位置は、やじろべえの両極端を知った者にのみわかる。だから、崖っぷちギリギリまで行ってみることだ。怖がらずに左右に振れてみると、中心点は自ずとわかってくるから」。これはひとことじゃないけど金言。

昇格時の面談で初対面の役員から「あなたの仕事はよく知っています」。苦労が救われた気がした。

仕事家事育児で必死だったころに、字を覚えたばかりの息子からもらった誕生日カードに書かれていた「よくがんばたね」。

忘れてしまった出来事はたくさんあるけど、前に進ませてくれたひとことは、ずっと記憶に残り続ける。そんな言葉を自分は人に伝えることができているだろうか。きのうの朝、高校受験へ向かう娘にかけたひとことは「出なくてもトイレに行くのよ」。。。ははは、まだまだだね。