SAILING POEMS

If you are good enough, someone will notice.

電通報2002/11/25 なるほどそうですね

子供も三歳を過ぎると、ときに理路整然とした主張をする。私と娘の場合も、互いの主張が平行線をたどることが増えてきた。そんなときは、あえて娘の話に「なるほどね」と相槌を打つようにしている。力ずくで説得しようしても、猛反発されるからだ。

誰かを説得したいときに理詰めで追い込むと、逆に相手のガードを固くしてしまう。このことを知ったのは、新入社員のときだ。当時の私は、才気煥発でありたいと願うあまり、会議中に反対意見が出ると瞬時に論破する青臭さに満ちていた。

そんな私を見かねてか、上司が教えてくれた。どんなに相手の意見を否定したいときでも、まず「なるほどそうですね」と言え。それだけで相手の緊張は和らぎ、警戒心が解けて、あとで反論しても拒絶反応を示さずに聞いてもらえる。

自分の考えが相手に伝わりにくいと感じるときは、たいてい相手の気持ちがよくわかっていないものだ。相槌を打ちながら反対意見をよく聞くことで、当初持っていた自分の考えが変わったり、改良されたりすることもある。相手に意見を全部吐き出してすっきりした気分になってもらえれば、議論はより建設的な結論に到達するかもしれない。